メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性被告

法廷でブラジャー認めて 大阪府警に申し入れ

 大阪府警の留置施設にいる40代の女性被告が裁判に出廷する際、ブラジャーの着用を認められなかったのは人権侵害に当たるとして、大阪弁護士会が10月31日付で府警に改善を申し入れたことが分かった。

 弁護士会などによると、被告は5月に逮捕され起訴されたが、その後も追起訴のために府警の留置施設に勾留されている。7月に大阪地裁の支部であった初公判の際、被告は弁護人を通じてブラジャーの着用を府警に要望したが認められず、カーディガンを羽織って出廷したという。

 弁護士会は申し入れで「女性の羞恥心を著しく侵害している」と指摘。弁護人は「夏だったので薄着だと目立つ。傍聴者などがいる法廷にノーブラで出なければならない女性の気持ちを考えてほしい」と話している。

 府警は警察庁のガイドラインに基づき、ブラジャーは自傷行為などに使われる恐れがあるため、原則使用を認めていない。出廷時などに申請があれば認めているが、府警は「今回は申請がなかった」と主張し、弁護側と食い違っている。

 一方、大阪拘置所は逃走や自殺を防ぐため、金属製ワイヤが入ったブラジャーに限って使用を禁止しているという。【遠藤浩二】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]