メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米「エルサレム首都認定」

分断深まる 中東アラブは失望

 1967年の第3次中東戦争でイスラエルが占領した東エルサレムにある旧市街。トランプ米大統領が示したエルサレムをイスラエルの首都と認める方針を巡り、アラブ人居住区とユダヤ人居住区では賛否が真っ二つに割れ、分断がより深まった。中東諸国の人々には失望が広まる一方、治安悪化に対する不安の声も聞かれた。【エルサレム高橋宗男、カイロ篠田航一】

 「トランプ大統領はトラブルメーカー。エルサレムはイスラム教徒、ユダヤ教徒、キリスト教徒のものだ。彼…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  5. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです