メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

原寿雄さん92歳=元共同通信社編集主幹

 原寿雄さん92歳(はら・としお=ジャーナリスト、元共同通信社編集主幹)11月30日、胸部大動脈瘤(りゅう)破裂のため死去。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻侃子(よしこ)さん。

 神奈川県出身。共同通信社会部記者だった1957年、大分県で交番が爆破された「菅生事件」の取材班の一員として、共産党員の犯行に見せかけた警官を捜し出して報道。社会部次長時代に小和田次郎のペンネームで60年代のメディア状況を「デスク日記」(全5巻)に記録した。官庁や企業の提供情報に依存した「発表ジャーナリズム」を批判。著書「ジャーナリズムの思想」では戦争体験者として、ナショナリズムに陥りやすいジャーナリズムに警鐘を鳴らし、「国益」「愛国」と距離を置くことを訴えた。著書は他に「ジャーナリズムの可能性」「新聞記者の処世術」など。編著に「市民社会とメディア」がある。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 骨折 自分の骨で固定し治療 手術中ねじに加工 島根大
  2. 重過失致死 スマホ自転車、死亡事故 女子大生書類送検へ 神奈川県警
  3. JR東海 L特急名称廃止 来春のダイヤ改正で表記消える
  4. 世田谷一家殺害17年 遺族ら動画作成、無念伝える
  5. 富岡八幡宮死傷 超格差社会? 神社を巡る意外な事情

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]