メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石の絵手紙

土庄に新たに5点 創始者・小池さんの作品除幕 /香川

自身の作品の前に立つ小池邦夫さん=香川県土庄町の土庄港で、秋長律子撮影

 絵手紙の創始者として知られる松山市出身の小池邦夫さん(76)の作品を小豆島産の石に貼り付けた「石の絵手紙」が、土庄港(土庄町)に設置された。

 石の絵手紙は、絵手紙を描いた和紙を小豆島産の花こう岩に貼り付ける。土庄町が2012年度から始め、今回新たに設置された5点を含め、町内の石の絵手紙は47点になる。

 小池さんの作品は、高さ1・3メートル、幅2メートル。「一杯の水で人が生き返るように一通の絵手紙で生…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文392文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです