メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

米大使館移転の意味=西川恵

 <kin-gon>

 イスラエルはエルサレムを自国の首都としている。しかし国際社会は認めず、自国の大使館を地中海沿岸のテルアビブに置く。経済とビジネス中心の、世俗的で近代的な都会のテルアビブから南東に約50キロ。エルサレムは一転してどこか厳粛な気持ちにさせる宗教的雰囲気に満ちている。

 宗教的色彩が深く刻印された都市は、ローマ(キリスト教)、メッカ(イスラム教)、ラサ(チベット仏教)など幾つかある。しかしその中でエルサレムは特別だ。他のいずれもが一宗教の聖地や象徴的都市であるのに対し、エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3大一神教の聖地となっている。

 私は何回か訪れたが、テルアビブがファッショナブルで色彩豊かなのに比し、エルサレムは白と黒の町という…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1011文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]