メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

新テストに戸惑い 生徒「全く違う対策必要」

大学入学共通テストの試行調査に臨む生徒ら=東京都目黒区で2017年11月13日、小川昌宏撮影

 2020年度の大学入学共通テスト導入に向け、先月実施された1回目の試行調査(プレテスト)。現在の大学入試センター試験と異なり、思考力や判断力を重視した出題内容に、高校の生徒や教諭からは戸惑いの声が漏れた。新テスト導入による大学入試改革の狙いは「知識偏重」と言われてきた教育からの脱却にあり、学校現場は大きな変革を迫られる。【水戸健一、伊澤拓也、岡崎英遠】

 「難しかった。記述式に30分もかかった。これが本番で出るなら、全く違う対策が必要だ」。試行調査で国…

この記事は有料記事です。

残り1901文字(全文2129文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]