メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

記者生命絶った「不当逮捕」 繰り返す権力の介入

立松和博記者と社会部で同僚だった村尾清一さん=東京都杉並区で、川名壮志撮影

 「アイツは死んでもしゃべらないと思った。取材源の秘匿は記者のイロハのイだ」。95歳の元読売新聞記者、村尾清一さんは同僚が記者生命を絶たれることになった事件を忘れていなかった。

 1957年は31カ月続いた神武景気が終わり、岸信介内閣が発足した年だった。10月18日、読売新聞(東京本社版)朝刊社会面にスクープが出た。「売春汚職 両代議士 収賄の容疑濃くなる」。自民党衆院議員2人を名指しし、東京地検特捜部の捜査内容をつかんだとする記事だった。

 書いたのは社会部の立松和博記者。裁判官の父を持ち、検察幹部に深く食い込んで昭和電工疑獄(48年)、…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1551文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 傷害致死 外国人男性刺され死亡 容疑者逃走か 栃木
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. メロンまつり 蛇口からメロンジュース! 福井県産PR
  5. 社説 止まらない書店数の減少 このままでは寂しすぎる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]