メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

党首討論

今年はゼロ 時間に制約、野党も敬遠

 国会の党首討論が2000年の正式導入後、初めて年間に1回も開かれない見通しになった。12年末の安倍政権発足後は軒並み低調だ。45分という限られた時間で論戦がかみ合わないことが多いため、最近は攻める側の野党が敬遠する傾向があり、国会活性化へ見直しを求める声も出ている。【村尾哲】

 党首討論は英国議会を参考に、国会改革の目玉として始まった。05年までは年に5~8回開かれていたが、13年以降は年1、2回に減少。「月1回開催」という14年5月の与野党の申し合わせは空証文にとどまっている。

 最大のネックは1回45分という時間制限だ。討論には「衆参いずれかで10人以上」を満たす野党会派が参…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1254文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]