メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ICANにノーベル平和賞 動こう、日本の若い世代も=竹内麻子(広島支局)

国連でミーティングをするICANのベアトリス・フィン事務局長(中央)ら=ニューヨークで3月27日、竹内麻子撮影

 今年のノーベル平和賞受賞が決定した市民団体「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN=アイキャン)」。10日にはノルウェー・オスロで授賞式があり、広島、長崎の被爆者も出席する。私は今年3月、ニューヨークの国連本部であった核兵器禁止条約の交渉会議の取材で、20~40歳代が中心になっているICANのメンバーに話を聞き、活動を間近に目にする機会があった。若い世代による実行力のある活動は見習う点も多く、唯一の戦争被爆国でありながら条約に反対する日本で、もっと多くの人に知られるべきだと感じた。

この記事は有料記事です。

残り1792文字(全文2035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです