メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒田・日銀総裁

変身? 「物価上昇」一辺倒から金融機関配慮 超低金利、弊害批判避ける

講演する黒田総裁=東京都千代田区で2017年12月7日、宮川裕章撮影

 日銀の黒田東彦総裁の最近の講演で、超低金利政策が金融機関の経営に与える影響に配慮した発言が目立っている。大規模金融緩和が4年半を超えてさらに長期化が見込まれる中、低姿勢を示すことで、副作用に対する国民世論の批判の高まりを避ける狙いもありそうだ。【坂井隆之、宮川裕章】

 「金融システムの安定は物価の安定と並ぶ日銀の重要な政策課題。できることは何でもやっていく」。7日の東京都内の講演で、黒田総裁は、2%の物価上昇目標達成一辺倒でなく、金融機関の経営にも目配りする姿勢を強調してみせた。

 黒田氏の発言の“変化”に注目が集まったきっかけは、11月13日のスイス・チューリヒでの講演だ。黒田…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1484文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]