メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

共同CEO制に 戴社長、後任育成へ 東証1部復帰

 シャープの株式が7日、1年4カ月ぶりに東証1部に復帰して、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で進んできたシャープの再建は次の段階を迎えた。戴正呉(たいせいご)社長は同日、共同最高経営責任者(CEO)体制へ移行し、自身に集中する権限の委譲を検討すると表明。価格下落が続くディスプレー市場で、超高精細の液晶パネルに注力しており、後継者となる人材の育成を急いで経営体制の強化を図る。

 「きょうから目標は中期経営計画にチェンジする。売り上げは過去最高レベルまで戻したい」。東証で記者会…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文688文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌中央署 自転車ひき逃げ容疑の大学生逮捕 小2被害
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
  4. 東京簡裁 菊池桃子さんストーカーで罰金30万円
  5. ウラから目線 野党って?=福本容子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]