メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太平洋クロマグロ

漁獲枠、承認へ 回復量に応じ増減 中西部太平洋委

 【マニラ共同】フィリピン・マニラで開かれていた中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)年次会合は、最終日の7日深夜(日本時間8日未明)まで議論が続いた。太平洋クロマグロ漁獲枠を資源回復の見通しに応じて増減させる新たな規制の導入を加盟国が承認する見通し。回復が順調なら、日本の漁業者が望む枠拡大が2019年にも実現する。

 カツオやメバチマグロなどの18年以降の対応も議論した。近海でカツオの不漁に直面する日本は熱帯海域で…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文483文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  4. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」
  5. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]