メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活道路

30キロ規制、3105区域 整備翌年度、事故23.5%減 警察庁まとめ

 住宅地などの生活道路で歩行者らが巻き込まれる交通事故を減らそうと、車の最高速度を30キロに規制する区域「ゾーン30」の整備が、2016年度末までに全国3105区域に達したことが7日、警察庁のまとめで分かった。区域内では車の通過速度が抑制され、事故減少に効果があったと分析している。

 警察庁は、今後も公共施設や病院、児童遊…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文398文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]