メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年7月の集中豪雨で、崩れた土砂が迫った民家。災害時は、避難情報への判断で生死が分かれることもある=2017年7月14日、愛知県犬山市内で、花井武人撮影

 記録的な大雨のため愛知県犬山市は7月、市内全域に避難指示を出した。だが避難所に移動したのは対象者の0・06%にとどまり、市は情報の出し方を見直した。市民の行動につなげる情報発信はどうあるべきか、課題を探った。

 ●犬山市の「空振り」

 7月14日(金曜)午前10時15分、犬山市地域安全課の大沢雄飛(ゆうひ)主査のスマートフォンが鳴った。土砂災害警戒情報が発令されたことを伝える、県のエリアメールの通知音だ。「レーダーに映る雨雲の切れ間がなく、河川で氾濫が起きるのではないかと恐ろしかった」と振り返る。

 名古屋地方気象台は、10時20分までの1時間に100ミリの降水量があったとして、同市に記録的短時間…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1252文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警
  5. 加計問題 愛媛県と面会「官邸主導」か 藤原氏仲介否定で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]