メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤、オレンジ、黄色……。色とりどりの落ち葉が冬の訪れを感じさせる園内を散策する親子連れ=名古屋市中区正木の正木公園で2017年11月24日、片山喜久哉撮影

 日が沈むのがとにかく早くなりました。一年で最も日没が早いのがまさに今の時期です。日の入りが早いのは冬至だと誤解している方もいるようですが、冬至は「昼が一番短い日」のことで今年は12月22日です。日没が最も早い時期とは半月ほどのズレがあります。東京では午後も4時になると早くも薄暗く、太陽の喪失を予感して何となく心細くなってしまいます。

 ちょっと心細くなるくらいなら問題ありませんが、気分が落ち込んで正常な日常生活が送れないくらいになっ…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文865文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  3. 衝突事故 藤岡弘さんがタクシーと 運転手が首捻挫の軽傷
  4. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に
  5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]