メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガダルカナル島の戦い

将校記録 惨状、短歌に詠む 本音を吐露 食糧不足・砲撃の不安

 第二次世界大戦で日米両軍が激突、日本軍が敗北に向かう転換点となったガダルカナル島の戦いに派遣された工兵部隊の馬場喜八大佐は、短歌で兵士たちの心情や悲惨な状況を訴えていた。一方、公文書である報告書では、冷静に現地の情勢を報告している。【広瀬登】

 馬場大佐は、現地で兵士を通す道を熱帯雨林に切り開くなどの任務についていた。西原八三郎少将と馬場大佐が所属していた第4工兵隊は1942年3月の司令部編成以来、旧満州(現中国東北部)やラバウル(現パプアニューギニア)を転戦。その間に2人は親交を深め、信頼の厚い馬場大佐が「一騎当千」の先発員に選ばれたものとみられる。

 馬場大佐は43年1月5日付の報告書を「十二月十三日現地到着以来一同志気旺盛」と起筆したものの、道路…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1064文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです