メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲

憲法の考え方を正式決定

 立憲民主党は7日の政調審議会で、憲法改正に関する「当面の考え方」を正式決定した。「立憲主義をより深化・徹底する観点から(議論を)進める」という基本姿勢のもと、「憲法を一切改定しないという立場はとらない」と明記。臨時国会召集要求に対する召集期限の設定や内閣による衆院解散権の制約、「知る権利」をはじめとする新しい人権などを主要な論点として挙げた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相 止まらぬ朝日「口撃」 間違い、哀れ…持論展開
    2. 裁量労働データ 首相、責任回避躍起 答弁の「軽さ」露呈
    3. 稲垣吾郎 「草なぎには負けねえぞ!」 香取とは友好関係? 元SMAPの映画「クソ野郎と美しき世界」現場リポート
    4. ギャンブル 「依存症の恐ろしさ知って」回復めざす女性 
    5. 米軍機タンク投棄 漁船まで200m 漁すべて中止 青森

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]