メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガダルカナル戦

日本軍将校の報告書と短歌、見つかる

 第二次世界大戦の激戦地となった太平洋・ソロモン諸島、ガダルカナル島の戦いの日々を伝える日本軍将校の報告書と短歌が、松山市内の男性宅で見つかった。「誰(た)がつけし餓島の名こそふさはしや散り逝(ユ)く将兵(ヘイ)の数に驚く」「餓死すとも守地は離れじ最後まで日の本武士の意気を示さん」など、軍人同士ゆえ検閲を気にすることなく記された凄惨(せいさん)な戦場の実像が伝わってくる。戦闘から75年、敗戦への分水嶺(ぶんすいれい)ともなった戦いの実情を伝える1次資料だ。

 愛媛県嘱託職員の久保慎一さん(64)が、2015年に亡くなった母親の遺品を整理していたところ、小ぶ…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  5. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]