メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガダルカナル戦

惨状、短歌に詠む 報告書は情勢冷静に

 第二次世界大戦で日米両軍が激突、日本軍が敗北に向かう転換点となったガダルカナル島の戦いに派遣された工兵部隊の馬場喜八大佐は、短歌で兵士たちの心情や悲惨な状況を訴えていた。一方、公文書である報告書では、冷静に現地の情勢を報告している。

 馬場大佐は、現地で兵士を通す道を熱帯雨林に切り開くなどの任務についていた。西原八三郎少将と馬場大佐が所属していた第4工兵隊は1942年3月の司令部編成以来、旧満州(現中国東北部)やラバウル(現パプアニューギニア)を転戦。その間に2人は親交を深め、信頼の厚い馬場大佐が「一騎当千」の先発員に選ばれたものとみられる。

 馬場大佐は43年1月5日付の報告書を「十二月十三日現地到着以来一同志気旺盛」と起筆したものの、道路…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1103文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. 映画 「愛と法」 日本社会の見えにくい問題を可視化したかった
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 全国障害者スポーツ大会 「仮面女子」猪狩ともかさん応援
  5. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです