メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日スポーツ人賞

陸上男子・桐生ら若い力そろう…表彰式

記念撮影する(右から)卓球の張本智和さん(新人賞)、デフリンピック水泳の藤原慧さん(同)、陸上の桐生祥秀さん(グランプリ)、Bリーグの大河正明さんと比江島慎さん(文化賞)=東京都文京区で2017年12月7日午後1時50分、和田大典撮影

 2017毎日スポーツ人賞(協賛=富士通、三菱商事)の表彰式が7日、東京・東京ドームホテルで開かれた。

     陸上男子100メートルで日本初の9秒台となる9秒98を出しグランプリ(賞金100万円)に選ばれた桐生祥秀(21)=東洋大▽新人賞の張本智和(14)=卓球、エリートアカデミー▽同賞の藤原慧(さとい)(22)=聴覚障害競泳、日大=と、文化賞のバスケットボールBリーグから大河正明チェアマン、比江島慎(三河)が出席。丸山昌宏・毎日新聞社社長から賞状や、日本女性初の五輪メダリストである人見絹枝のブロンズ像などが贈られた。

     発足2シーズン目のBリーグを含め、今回の受賞者は若い力がそろった。桐生は3年後の東京五輪に向け、100メートルの決勝進出を目標に掲げた。ベストアスリート賞の上地結衣(23)=車いすテニス、エイベックス=は大会出場のため欠席した。(敬称略)【斉藤雅春】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割
    3. 甲子園ボウル 日大が優勝 27年ぶり21回目
    4. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    5. ガンプラW杯2017 中2の畑めいさんがジュニアコースの初の世界王者に “最後の挑戦”で有終の美

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]