メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

天皇の代替わり=保阪正康

手前は、新元号の「平成」を発表する小渕恵三官房長官(当時)=1989年1月7日。右上は、連立内閣が発足し、首相官邸中庭で記念撮影後に乾杯する細川護熙首相(右)と閣僚ら=93年8月9日。左上は、パラオ・ペリリュー島を訪れ、「西太平洋戦没者の碑」に一礼する天皇、皇后両陛下=2015年4月9日

元号が刻む句読点とキーワード

 天皇陛下の退位が、12月1日の皇室会議の決定を受けた8日の閣議で、2019年4月30日と決まった。今年の6月に成立した特例法で、退位の日を定める前提として、首相が皇室会議の意見を確かめるように義務づけられていた。それに基づいての皇室会議だったわけだが、安倍晋三首相の示す4月30日案を出席者全員が受け入れ、退位の日は事実上決まったという。

 平成という時代は、これによって残り1年5カ月ほどになってしまったのだが、この間にメディアでは「平成…

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文1957文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]