メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

天皇の代替わり=保阪正康

手前は、新元号の「平成」を発表する小渕恵三官房長官(当時)=1989年1月7日。右上は、連立内閣が発足し、首相官邸中庭で記念撮影後に乾杯する細川護熙首相(右)と閣僚ら=93年8月9日。左上は、パラオ・ペリリュー島を訪れ、「西太平洋戦没者の碑」に一礼する天皇、皇后両陛下=2015年4月9日

元号が刻む句読点とキーワード

 天皇陛下の退位が、12月1日の皇室会議の決定を受けた8日の閣議で、2019年4月30日と決まった。今年の6月に成立した特例法で、退位の日を定める前提として、首相が皇室会議の意見を確かめるように義務づけられていた。それに基づいての皇室会議だったわけだが、安倍晋三首相の示す4月30日案を出席者全員が受け入れ、退位の日は事実上決まったという。

 平成という時代は、これによって残り1年5カ月ほどになってしまったのだが、この間にメディアでは「平成…

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文1957文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです