メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第2部 再見北京/下 困窮労働者、市民が支援 当局は「善意」警戒、締め付け

北京市の違法建築撤去面積

 「北京はあなたに感謝します」。中国の不動産大手「大連万達集団」名義の意見広告が、北京のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で関心を集めた。

 11月23日の感謝祭に合わせ、清掃員や建築作業員、宅配の配達員ら都市を下支えする労働者をねぎらい「北京はあなた方がいなかったらどうなるだろうか」との問いを投げかける内容だった。

 北京市当局は11月18日に19人が亡くなった火災をきっかけに市内全域で違法建築などの一掃を加速させ…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1162文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に
  4. 渡辺復興相 代表務める自民支部に間接補助金の企業が寄付
  5. 立憲民主党 青山衆院議員が離党届 セクハラ被害の告発で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです