メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第2部 再見北京/下 困窮労働者、市民が支援 当局は「善意」警戒、締め付け

北京市の違法建築撤去面積

 「北京はあなたに感謝します」。中国の不動産大手「大連万達集団」名義の意見広告が、北京のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で関心を集めた。

 11月23日の感謝祭に合わせ、清掃員や建築作業員、宅配の配達員ら都市を下支えする労働者をねぎらい「北京はあなた方がいなかったらどうなるだろうか」との問いを投げかける内容だった。

 北京市当局は11月18日に19人が亡くなった火災をきっかけに市内全域で違法建築などの一掃を加速させ…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1162文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです