メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第2部 再見北京/下 困窮労働者、市民が支援 当局は「善意」警戒、締め付け

北京市の違法建築撤去面積

 「北京はあなたに感謝します」。中国の不動産大手「大連万達集団」名義の意見広告が、北京のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で関心を集めた。

 11月23日の感謝祭に合わせ、清掃員や建築作業員、宅配の配達員ら都市を下支えする労働者をねぎらい「北京はあなた方がいなかったらどうなるだろうか」との問いを投げかける内容だった。

 北京市当局は11月18日に19人が亡くなった火災をきっかけに市内全域で違法建築などの一掃を加速させ…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1162文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです