メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

見直される原価計算の役割=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 ベトナムでボランティア活動を始めて十数年が過ぎた。当初から、日本の人口減少と超高齢化社会がはっきりし始めていたので、いずれ日本企業は労働力不足を補うため、ベトナムへの進出や労働者の受け入れを考えるようになると予想した。ところが、訪れてみて気付いたのだが、ベトナムの企業には原価計算(工業簿記)が存在しなかった。東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々にはオーストラリアの簿記会計が普及していたが、それは英国流の商業簿記が中心だった。そこで、日本語と日本式簿記の普及を目的としたNPO法人を設立し、ハノイ貿易大学などでボランティアで教え始めた。

 多くの日本人は、日本が原価計算型簿記を育てたことに気付いていない。福沢諭吉が米国商業高校の教科書を…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  3. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです