メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野生ライチョウ

餌の毒素分解 腸に細菌、飼育種はなし

野生のニホンライチョウ=富山県の立山連峰で2015年5月撮影(牛田一成・中部大教授提供)

 国の特別天然記念物で絶滅の危機にある野生のニホンライチョウの腸内に、餌の高山植物の毒素を分解する特有の細菌が存在することを中部大などのグループが見つけ、8日の環境省の検討会で報告した。環境省などは2015年からライチョウの人工飼育に取り組んでいるが、人工飼育のライチョウは腸内細菌の種類が異なり、野生に戻す際の支障になる可能性がある。

 人工飼育のライチョウは、野生種が食べる高山植物を与えると下痢を起こす。グループは生息地の南アルプス…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです