メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

写真家・石川真生さん 燃える島を表現したい

=沖縄県豊見城市で

 基地の街にあるバーで働く女性たち、自衛隊員、沖縄芝居の役者……。沖縄に生きる写真家、石川真生さん(64)は、一貫して沖縄を撮り続けてきた。今年、3度目のがんの告知を受けたが、地元開催の展覧会は大盛況。米国とフランス、海外展も2回こなした。原点は、子供のころから抱いていた問いにあった。

 いつも被写体とどっぷり関わりながら、制作してきた。いわく、10回通って撮影は1回。「残りの9回も写真を撮る行為。人の人生ほど面白いものはない」。男ばかりだった写真界。しかも、沖縄はいつも撮られる側。その中で、早くから注目されてきた。なぜ写真を選んだのか、今でも不思議だ。「性格に合ってるから続けてこられた。撮りたい人が次々に現れて、ルンルンしながらやってこられた」

 きっかけは、誘われて入った高校の写真部だった。暗室はサボる時の隠れ場になる。カメラは父親から借りれ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです