メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

軍事文化ネタに今を読む 近代史研究者・辻田真佐憲さん(33)

=東京都江東区で

 軍歌を中心に、君が代、教育勅語……。主に戦前の軍事と文化の関係を、在野で研究してきた。幼稚園で軍歌を歌わせていた森友学園が問題になるなど、専門分野に関連した社会事象が目立つおかげか、「特に近年、仕事が増えてきました」。

 中学生の時、「たまたま店で軍歌のCDを買い、興味を持った」のが、そもそものきっかけ。2000年代半ばには、世界の軍歌500曲以上を翻訳したインターネットサイトを開いて注目された。「サブカルチャーのネタとして消費できる、ギリギリでやっていました」。ナチスの歌やスターリン賛歌も取り上げたが、空虚な勇ましさに逐一ツッコミを入れていた。

 「でも、ネタは、やり続けていたらベタ(真面目に扱われる対象)になってしまった」。00年代に「ブラッ…

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文954文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです