メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県警

警官がトイレに拳銃置き忘れ 客気付き無事回収

 群馬県警は7日、県警本部刑事部機動捜査隊の男性巡査部長(31)が、パトロール中に立ち寄ったドラッグストアのトイレに、実弾が複数装てんされた自動式拳銃1丁を置き忘れたと発表した。約30分後に客が気付き、回収された。使用された形跡はなかった。

 県警監察課によると、7日午後4時ごろ、太田市内のドラッグストアのトイレで、拳銃を入れたウエストポーチ型のケースを個室の壁のフックにかけたまま気付かずに退店した。約30分後、男性客が発見。店長が「拳銃のようなものが入ったウエストポーチを預かっている」と110番した。

 男性巡査部長は「本当に申し訳ないことをした」と話しているという。

 田中圭一郎首席監察官は「県民の皆様に不安を与えましたことを深くおわびいたします」と謝罪した。処分は今後検討する。【西銘研志郎、杉直樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです