メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワンピース著作権

ウェブデザイナーに有罪判決 秋田地裁

 人気漫画「ONE PIECE」(ワンピース)などの画像データを発売前にインターネットサイトに掲載したとして、著作権法違反の罪に問われた秋田市のウェブデザイナー、堀田井良史被告(32)の判決公判が8日、秋田地裁(三浦隆昭裁判官)であった。三浦裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年と罰金50万円(求刑・懲役1年6月、罰金50万円)を言い渡した。

     三浦裁判官は「犯行は職業的、常習的で悪質。著作権者らが被った損害は大きい」と指摘。一方で堀田井被告が「被害の賠償に努め反省している」などとし、執行猶予を付けた。

     判決によると、堀田井被告は2016年7月~今年5月、「ワンピース」や「トリコ」など計3作品の画像について、作者などの許可を得ないまま「ネタバレサイト」と呼ばれるサイトに掲載し、著作権を侵害した。

     事件は秋田県警と熊本県警の合同捜査により摘発。被告は初公判で起訴内容を認めていた。【川口峻】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米軍機 タンク投棄、氷突き破る 200m先に漁船 青森
    2. 平昌冬季五輪 アイスホッケー合同チーム 南北に言葉の壁 「同宿」も実現しないまま
    3. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/1 いろんなものを犠牲に頑張ったご褒美 連覇の誇り、かみしめ
    4. 米乱射 銃規制求める地元高校生 政治の無策に怒る
    5. 米乱射 生徒「何かするなら彼だ」 学校に通報も対応なく

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]