メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ベルギー「テロの温床」の街(その1) 起業で差別と闘う

 「テロの温床」

 ベルギーの首都ブリュッセル・モレンベーク地区の住民はこの数年、自分たちの街が不名誉な呼び名で語られることに耐えている。

 きっかけは2015年11月に130人の犠牲者を出したパリ同時多発テロ。モレンベーク地区で育ち、モロッコ系移民をルーツに持つ若い男たちが過激派組織「イスラム国」(IS)に感化され起こしたものだった。

 欧州は「テロとの戦い」の真っただ中だ。中でもベルギーは、内戦が続くシリアの戦闘地域に志願し渡った若…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです