メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

日中間の緊張緩和 共感する話題多いはず=中島京子・作家

=根岸基弘撮影

 日本・中国両政府が、東シナ海の海空での偶発的衝突を回避するプランで、大筋合意したという。自衛隊と中国軍が接近時の連絡方法などをあらかじめ定めておくことによって、衝突を防ぐ仕組みらしい。

 なんと、2007年に、当時の安倍晋三首相と温家宝首相が衝突回避体制を整備することで一致、協議が続いていたのだそうだ。しかしその後、尖閣諸島をめぐっては対立が先鋭化していた。

 両国に大きな緊張が走ったのは、12年、民主党政権の野田佳彦首相時代の「尖閣国有化」だった。その前に…

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1693文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです