メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 第19回農心杯第2ラウンド 山下、一力競り負け 残る井山の踏ん張り期待

第19回農心辛ラーメン杯世界最強戦で、終局後、検討する一力遼八段(左)と党毅飛九段=韓国・釜山で

 <「第19回農心辛ラーメン杯 世界最強戦」釜山ラウンドから>

 日中韓3カ国による勝ち抜き団体戦(各チーム5人)、「第19回農心辛ラーメン杯世界最強戦」の第2ラウンド(第5~9戦)が11月24~28日、韓国・釜山で打たれた。日本からは、山下敬吾九段(39)、一力遼八段(20)が3、4番手として出場したが、共に敗れ、残るは本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=だけとなった。文裕は最終の中国・上海ラウンド(来年2月26日~)に単身乗り込む。

 中国・瀋陽での第1ラウンド(9月19~22日)で、余正麒七段、許家元七段が敗れ、残るは、文裕、山下…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1410文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]