メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

いじめ防止を地域で=東京大教授、精神科医 佐々木司

 先日、東京都内の小学校に地域の役員と保護者100人余りが集まって、学校の「いじめ防止運動」を支援するキックオフイベントが開かれた。いじめ対策に取り組もうとしても実際に何をすべきか戸惑う学校が多い中、意義のある企画だった。

 舞台は足立区立六木(むつぎ)小学校。児童数500人ほどの中規模校だ。夏前から校長、副校長、生活指導担当の教諭、養護教諭、PTA会長、学校を支援する地域の会の会長が集まって計画を練り、半年かけて実現にこぎつけた。

 児童による普段の取り組みの発表、各学年の担任による状況報告、4年生で実施している「いじめ防止授業」…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文985文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]