メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

下肢静脈瘤、放置していい?=答える人・重松宏統括部長(山王メディカルセンター・血管外科)

山王メディカルセンター 重松宏統括部長 (血管外科)

 Q 下肢静脈瘤、放置していい?

 数年前から右膝の後ろに静脈瘤(りゅう)ができ、大きくなってきました。痛みもないので、このまま手術せずに放っておいてもよいでしょうか。(福岡県、女性、66歳)

 A 手術でつらさ解消も

 心臓から脚に送られた血液は、脚の筋肉のポンプ作用で静脈を通って心臓に戻ります。通常は静脈にある弁が逆流を防いでいますが、何らかの原因で弁が壊れると、ふくらはぎから太ももにかけての血管がこぶ状に膨らむ下肢静脈瘤が起きます。妊娠、出産がきっかけとなることから中高年の女性に多く、男性でも立ち仕事の人に多くみられます。ふくらはぎ内側の色素沈着や痛み、むくみのほか、足がつったり、重くなったりする症状もあります。悪化すると、皮膚が破れ、潰瘍ができたりします。

 下肢静脈瘤は良性の病気で、生命の危険はありませんが、症状がつらい場合は専門医に相談してください。治…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 鍾乳洞 夏でも気温16度 ひんやり涼求め 北九州

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです