メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

日野原重明さんが残した「シェア」の心 これまでの恩返し 今後、出会う人に みとった次男の妻に聞く

日野原重明さんの書斎で、思い出を振り返る次男の妻眞紀さん=東京都世田谷区で、中村藍撮影

 今年7月、105歳で亡くなった医師、日野原重明さんの言葉が深く心に残るのはなぜだろう。著書に残したメッセージをかみしめたくて、身の回りの世話をしてきた次男の妻眞紀さん(70)に案内され、日野原さんの書斎を訪ねた。【小松やしほ】

 日野原家は東京・田園調布の閑静な住宅街にある。明るいリビングを抜け、別棟2階にある書斎へ。陽光が曇り空をくぐり抜けて室内に差し込む。芝生が敷かれた窓外の庭は、日野原さんが最も愛したものの一つだ。

 家族から見た日野原さんはどんな人だったのでしょう? そう尋ねると、日野原さんの妻の病気を機に約25…

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2598文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]