メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

広がるアップサイクル リサイクルの一歩先へ

NATO軍のパーカにワッペンを施した「アトリエ&リペアーズ」の商品を手にする大坪洋介さん=野村房代撮影

 リサイクル(再資源化)やリユース(再利用)に次ぐ概念として、「アップサイクル」が注目されている。製造過程で生じた廃棄物や余剰在庫を材料に、価値の高い商品を生み出すことを指す。どんな取り組みがあるか調べてみた。

 アップサイクルという言葉は欧米が発祥。任意団体「エシカルファッションジャパン」代表の竹村伊央(いお)さんは2006年ごろ、留学先のロンドンで知った。「実は使用済みの衣類より、製品化までに廃棄される布の方が何倍も多い。そうした廃棄物を逆に価値の高いものに変えるのが本来の定義」と説明する。

 米ロサンゼルス発の「アトリエ&リペアーズ」もアップサイクルブランドの一つ。人気ブランドの余剰在庫の…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1705文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]