メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

広がるアップサイクル リサイクルの一歩先へ

NATO軍のパーカにワッペンを施した「アトリエ&リペアーズ」の商品を手にする大坪洋介さん=野村房代撮影

 リサイクル(再資源化)やリユース(再利用)に次ぐ概念として、「アップサイクル」が注目されている。製造過程で生じた廃棄物や余剰在庫を材料に、価値の高い商品を生み出すことを指す。どんな取り組みがあるか調べてみた。

 アップサイクルという言葉は欧米が発祥。任意団体「エシカルファッションジャパン」代表の竹村伊央(いお)さんは2006年ごろ、留学先のロンドンで知った。「実は使用済みの衣類より、製品化までに廃棄される布の方が何倍も多い。そうした廃棄物を逆に価値の高いものに変えるのが本来の定義」と説明する。

 米ロサンゼルス発の「アトリエ&リペアーズ」もアップサイクルブランドの一つ。人気ブランドの余剰在庫の…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1705文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです