メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

宝ホールディングス・柿本敏男社長 世界的和食ブーム 日本食材、海外で急伸

インタビューに答える宝ホーディングスの柿本敏男社長=京都市下京区で、望月亮一撮影

 酒造大手「宝ホールディングス」(本社・京都市)が2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高、営業利益、最終(当期)利益のすべてが過去最高を更新する見通しになった。その原動力は、和食ブームを追い風に海外で大きく伸びた日本食材卸事業。清酒、チューハイなど多様な商品群を持つ国内事業も堅調だ。柿本敏男社長(67)に成長戦略を聞いた。【聞き手・岡田功、写真・望月亮一】

 --今年7月、海外事業を分社化して「宝酒造インターナショナル」を設立しましたが、その狙いは?

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1697文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]