メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

ミサイル防衛、累計2兆円 「対北朝鮮」整備急ぐ 体制強化へ陸上型導入

日本の弾道ミサイル防衛体制

 約15年間で累計の整備費が2兆円を超える見通しとなった日本の弾道ミサイル防衛(BMD)システム。北朝鮮が急速に核兵器と弾道ミサイルの開発を進めていることを受け、整備が加速化している。ただ、その実効性は完全に実証されたとは言い難く、費用対効果についても疑念の声が上がってきたのが実情だ。日本のBMDの課題を探る。【秋山信一】

 「最速のスケジュールで導入できるよう、協力をお願いしたい」。小野寺五典防衛相は今月1日夜、マティス…

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1949文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです