メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

地下室に描かれた裸婦 ブリュッセル支局・八田浩輔

 20世紀のデンマークを代表する建築家、アルネ・ヤコブセン(1902~71年)。東部オーフス市の庁舎は、家具や小物からエレベーターのボタン配置に至るまで、完璧主義で知られた彼の美学が詰まった代表作の一つだ。

 市職員のへニングさん(46)が「普段は公開していないのですが……」と言いつつ半地下の物置の扉を開け、内部を見せてくれた。

 壁には黒人の裸婦たちが描かれていた。アフリカの大地の上空を爆撃機が飛ぶ中、子供たちの手をひいて逃げ…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文552文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]