メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

「ボロ宿」巡り 「手作り」の雰囲気に引かれ

著作「日本ボロ宿紀行」を手にする上明戸聡さん=中川聡子撮影

 心ひかれる「ボロ宿」を求め、日本全国を訪ね歩くフリーライターの上明戸聡(かみあきとあきら)さん(57)=東京都中野区。本人も数え切れないほどの古宿に宿泊し、特に印象的な古宿をブログや本で紹介する。郷愁を誘うたたずまい、人の温かな心遣い。古宿の魅力を知れば、きっとあなたも、旅に出たくなる。

 「僕の愛情表現なんですよ。他に言いようもないなあ、と……」。困ったような笑顔で頭をかく。「ボロ宿」という呼称を弁解する、ぼくとつとした口調に人柄がにじむ。

 主にビジネス誌の記事を手がけるフリーライターの上明戸さんの趣味は「ボロ宿巡り」。古い建物を維持しな…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文1702文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]