メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エルサレム首都認定

中東諸国に温度差 米対応を協議へ

米国とイスラエルを巡る中東各国の関係

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認めた決定を受け、中東のイスラム諸国間には米国との距離を巡り「温度差」も広がる。対米批判を強めるイランやトルコと対照的に、軍事支援や経済協力で米国と結び付くサウジアラビアやエジプトなどは強硬姿勢に出たくないのが本音とみられる。

 イスラム協力機構(OIC)は、認定発表から1週間となる13日にトルコで対応を協議するが、イスラム諸国の総意として米国に強い反対姿勢を打ち出せるかが焦点だ。

 サウジとエジプトに共通するのは、オバマ前政権時代に比べ対米関係が改善している点だ。オバマ氏は201…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです