メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリ協定

各国、推進へ結束 採択2年の首脳級会議

 地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の採択から2年を迎えた12日、協定推進に向けた結束を確認するための首脳級会議「ワン・プラネット・サミット」がパリ郊外で開かれた。対策資金の確保に向けた官民協力が主要テーマ。フランスのマクロン大統領の呼び掛けで、フランスと国連、世界銀行が共催した。

 フランスのルドリアン外相は会議冒頭で「さまざまな進展があったが、歩みを緩めてはならない」と述べ、民間資金を活用する仕組みの構築に意欲を示した。河野太郎外相は「全ての政策を動員し、気候資金の規模拡大へ世界をリードする…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです