メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー なでしこ再生 新監督に期待=斉藤雅春

 冒頭から私事で恐縮だが、1982年に入社してから5年間、最初の任地は福島市だった。いつごろか思い出せないが、朝刊各紙を読んでいると、東京のサッカークラブでプレーするため、週末に上京して頑張っている女子高校生の記事が目に入った。

 男子サッカーでさえ、盛り上がっていない時代で、女子サッカーはさらに認知度が低かった。加えて、東北新幹線が開通したばかりで、東京はやはり遠いという感覚も残っていた。「さぞ、大変だろうなあ」と感心した覚えがある。

 この高校生はいまや、日本女子代表を率いる高倉麻子監督である。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文903文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです