メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

言葉の選択とその真偽=近藤勝重

 何を書くか。テーマが決まると、それに即してどう書くかを考える。このコラムもそうだ。あれもこれも思いつくまま書いていけばテーマがぼやけてしまうからだ。

 このことは写真と絵画の関係を思い起こさせる。例えばカメラで撮った風景には電柱や電線が写っていても、同じ風景を絵にする場合、風趣を壊すとあれば、それらをカットするなどはよくあるはずだ。

 でも、文章の世界で無いものを有るように書いたり、有るものを無いように書いたりするのはどうなんだろう…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文898文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]