メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

AIで「歩き方」を鑑定 映像比較、犯罪捜査の武器に

 防犯カメラなどに映った人間の歩き方を分析し、容疑者に迫る「歩容認証」という鑑定技術が犯罪捜査に貢献している。最近は人工知能(AI)によるシステムの改善が進み、より正確で迅速な鑑定が可能になった。AIによる新しい犯罪捜査の可能性を追った。【鳥井真平】

 ●たった2歩で

 2008年に奈良県内で放火未遂事件が発生し、翌年に奈良県警から大阪大産業科学研究所の八木康史教授(画像認識)へ、現場周辺などの防犯カメラ映像の鑑定依頼が届いた。しかし映っているのは、容疑者を含む複数の人物が歩いている姿だけで顔ははっきり分からない。「歩き方」だけで容疑者を特定することができるのか。

 八木教授は、この防犯カメラ映像をコンピューターに入力。複数の人物の腕の振り方や歩幅、姿勢などの特徴…

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1724文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]