メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗NMDA受容体脳炎

克服の米国人記者「いつか治ると信じる力、支える力が命を救う」

米映画「彼女が目覚めるその日まで」原作者インタビュー

 「悪魔払い」されてきた難病「抗NMDA受容体脳炎」を発症し7カ月後に職場復帰した米国の新聞記者、スザンナ・キャハランさん(32)の闘病体験記を原作とした米国映画「彼女が目覚めるその日まで」が16日から全国公開される。本作のプロデューサーを自ら務め、多くの人に病気を知ってもらおうと活動するスザンナさん。公開を前に来日した機会に、病気を体験しての思いや闘病記をまとめた苦労、観客へのメッセージなどを聞いた。【聞き手・照山哲史】

 <抗NMDA受容体脳炎は、卵巣奇形腫などによる免疫反応でできた抗体が脳を「攻撃」することで発症する…

この記事は有料記事です。

残り3080文字(全文3369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]