メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

作家・吉村萬壱さん 自分の過ち忘れる、「終盤」にはありかな

「ぼおーっとしている時間が多いです。高校の先生が言ってたんです。テレビ見るくらいやったら、ぼおーっとしている方がええって。そのうち寝ちゃうんですけどね」=大阪府貝塚市で

 「人生は夕方からって、その通りや思いますね。若い人には『死ぬな』と言いたい。生きていればなんかありますから。子供がいじめで死ぬのは、周りに怖いものがあるからだと思うんですね。でも50、60になると怖いもの、なくなりますから」

 大阪府貝塚市。平屋の広い古民家を月に5万5000円で借りている。コタツ机と座椅子に白色蛍光灯。パソコンがなければ「昭和40年ごろの作家の書斎」である。天井下の壁には、自身の芥川賞作品「ハリガネムシ」(2003年)の黄ばんだ新聞広告と、なぜかその隣に女優10人がずらりと並ぶポスターが。

 50代に入り、少し楽になった。「40代で中年クライシスってあるやないですか。衰退期に入り魔が差すの…

この記事は有料記事です。

残り1617文字(全文1923文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]