メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 カウントボード、釜石市民ホールに設置 高校生が半年かけ製作 /岩手

釜石商工高校の工業クラブの生徒たち(左前列)が製作したラグビーW杯のカウントダウンボード=釜石市大町1の釜石市民ホールで

 釜石市が会場の一つとなる2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向け、同市大町1の釜石市民ホール=愛称・TETTO(テット)=に14日、地元高校生が作ったカウントダウンボードが設置された。19年9月25日に予定される釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)での第1戦・フィジー対アメリカ地区2位までの日数「あと650日」などの文字が、3色のLEDライトで浮かび上がった。

 県立釜石商工高校の工業クラブの1~3年生9人が約半年かけて製作した。この日は、生徒代表と野田武則市…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです