メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おかやまアート事情

写真家、難波由城雄氏の仕事=柳生尚志 /岡山

 この秋に岡山城天守閣1階に登場した「おもてなしスペース」。写真家の難波由城雄氏(69)がパノラマカメラで撮影した後楽園のパネル写真で構成したコーナーが設けられている。後楽園の魅力を岡山城内で味わい、隣接する名園へ案内しようという演出だ。

 難波氏は後楽園の「住人」でもある。園の入り口にある土産物店を家業としている。写真家としてのデビューは39歳で出版した「カラー自然シリーズ・ジョロウグモ」(偕成社)だった。自宅庭の根っこで産卵するジョロウグモを偶然見つけ、短い命をつむぐ生態に感動、11年間も観察、撮影を続けた。

 後楽園は2000年に300年祭を迎えた。その節目に風景写真を超えた究極の後楽園を撮影しようと特別に…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1149文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです