メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おかやまアート事情

写真家、難波由城雄氏の仕事=柳生尚志 /岡山

 この秋に岡山城天守閣1階に登場した「おもてなしスペース」。写真家の難波由城雄氏(69)がパノラマカメラで撮影した後楽園のパネル写真で構成したコーナーが設けられている。後楽園の魅力を岡山城内で味わい、隣接する名園へ案内しようという演出だ。

 難波氏は後楽園の「住人」でもある。園の入り口にある土産物店を家業としている。写真家としてのデビューは39歳で出版した「カラー自然シリーズ・ジョロウグモ」(偕成社)だった。自宅庭の根っこで産卵するジョロウグモを偶然見つけ、短い命をつむぐ生態に感動、11年間も観察、撮影を続けた。

 後楽園は2000年に300年祭を迎えた。その節目に風景写真を超えた究極の後楽園を撮影しようと特別に…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1149文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです