メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 【北京・浦松丈二】非営利団体「言論NPO」と中国国際出版集団は14日、第13回日中共同世論調査の結果を発表した。現在の日中関係を「悪い」(「どちらかといえば」を含む。以下同じ)と答えた人の割合が日本側で44・9%と昨年の71・9%から大幅に減少した。50%を下回るのは7年ぶり。中国側でも「悪い」は64・2%と昨年より14ポイント減少し、日中関係の悲観論が減少した。

 北京で記者会見した言論NPOの工藤泰志代表は「両国間でこの1年、首脳間の交流に進展があった。北朝鮮…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです