メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

移民論争でなぜ自由の女神? 台座に歓迎する詩 米国の希望象徴=回答・和田浩明

 なるほドリ 米国の移民論争(いみんろんそう)でよく自由の女神像が引き合いに出されるけど、なぜ?

 記者 像の台座に、移民を歓迎する詩が掲示されているからです。「疲れ、貧しく、自由の空気を吸わんと熱望する群衆を我に与えよ」などと書かれています。19世紀末にロシアで迫害されたユダヤ人難民(なんみん)を支援していた女性詩人エマ・ラザルスの作品です。この詩を、「ドリーマー」と呼ばれる移民の若者たちが朗唱(ろうしょう)している動画が、最近公開されました。不法入国した親と幼児期に米国に来た彼らは移民に厳しいトランプ大統領による強制送還(きょうせいそうかん)を恐れており、市民権獲得を可能にする法案成立を求めています。

 Q 女神像は希望の象徴(しょうちょう)なんだね。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文885文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]